6種類の妖怪焼き

鬼太郎とその仲間たちが妖怪焼きに!

「ゲゲゲの鬼太郎妖怪焼き」は、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の放映が開始された2010年3月に知的障害者通所授産施設「はあと・ふる・えりあ」が運営するベーカリーカフェ「ふぁんふぁーれ」で商品化され、製造、販売しています。

化粧箱は、水木プロダクションの協力のもと、スタッフが原画をもとに描きあげました。

黒地に鬼太郎や猫娘のキャラクターがかかれた箱
化粧箱の売り上げも、利用者の工賃になります。

「『鬼太郎』の頭の部分には「目玉おやじ」なる白玉も隠れています。ひとつひとつ手作りしているため大量生産はできませんが、ご予約いただけると取り置きますのですぐにご購入いただけます」(土方慎一郎さん)。

テイクアウトでは温め直し方「冷めても温かくおいしくよみがえらせる術」が書かれた巻物風の説明書も添えられています。曜日によっては移動販売車による販売も。

妖怪焼きの箱をもつ男性店員
イートインスペースもあります。
店舗横にある販売口。
店舗横の販売口からも購入できます。

ゲゲゲの鬼太郎の妖怪焼き

ベーカリー&カフェ Fanfare(ファンファーレ)

価格
鬼太郎:180円、ねずみ男:190円、ねこ娘:210円、砂かけ婆:180円、ぬりかべ:230円、子泣き爺:190円
妖怪箱:50円
※いずれも税込み価格
詳細
鬼太郎:目玉おやじ入りつぶあんこ
ねずみ男:抹茶生地ごまあんこ
ねこ娘:クリームチーズフルーツカット入り
砂かけ婆:カスタードクリーム
ぬりかべ:焼きそば入りお好み焼き
子泣き爺:季節限定(季節によって変更)

※価格・仕様については予告なく変更される場合があります。

販売店
ベーカリー&カフェ Fanfare(ファンファーレ)
住所
調布市小島町1-22-7
電話
042-490-8637
営業時間
9:00~17:00
定休日
土・日曜日(その他職員研修などで臨時休業の場合あり)
カード等
クレジット:不可
電子マネー:不可
QRコード:不可